FXにおけるロスカットとは

FXでは、ロスカットが起きないように注意をするべきという意見が多いです。


ロスカットというのは、一定の損害が出たときに自動的に取引を終了させて、それ以上の損失が出ないようにするシステムのことです。



FX業者によって、ロスカットレベルは異なります。

例えば、ロスカットレベルが50%と設定されていたなら、証拠金を10万円入れていたとして、5万円の損失が出た時点で取引を終了させるというようになります。

さて、これだけの説明では、ロスカットは損害を一定におさえてくれるので、よいものであると思うかもしれません。

しかし、FXにおけるチャートは上下するようになっています。



例えば、ドル円チャートなら、1日に変動してもせいぜい1円から2円程度であり、それ以上大きな変動が起きることは稀なケースです。


そのため、ドル円チャートが2円分下がったとしても、次はチャートが上昇することが予測できます。
しかし、ドル円チャートが2円下がった時点でロスカットがおきてしまえば、せっかくこれから損失を取り戻せるというところで取引が終了してしまうのです。
もちろん、この説明はとても簡単であり、実際にはもっと複雑になっております。
マイナー通貨では、1日で大きな変動を起こすこともありますし、チャートが長い間下がり続けるということも起きないとは限りません。


しかし、ロスカットに注意すべきと言われているのは、投資家の意思とは関係なく取引が終了してしまうという点にあります。

ギャンブルですから、自分の判断で楽しみたいですよね。